読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知 NaKi 道【意清美】IKIYOBI.

どのように生きれば天は拓きますか。私は生きながら天国をみています。文章に出て来ます「私(わたくし)」を『ご自身』と置き換えていただくことにより真の幸いと成ります。

隣の惑星の住人はアリさん。私達はお猿さん。

ふと、隣の生き星の支配者との通伝を思い出していました。

筆者は、隣星の方々は蜂に宿りを決めた方々かと思っていましたが、蜂ではなくアリだと気づきました。

どおりで、働き場が暗い感覚を受けたことと、女性おひと方に対し働き手が全て小さな男性であった訳でした。

素晴らしい連携で仕事をこなしていました。

土をスコップのような物で列を成して掘り、レールで運び、そこら中がレールだらけでした。笑

興味深いのは生き星の造りです。
全く、この地球と同じです。

その星の支配者さんのお話しによれば、塩分のない海だそうです。

このことから、身体を流れる体液は星により違うことと思います。
この星の鉄とは違う化合物で、酸化していることになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

私達は、身に宿りを果たせば人間に進化する仕組みを持つ電解の一部です。

電解はネットワークとして成り立っており、学びにより巨大化します。

ひとつひとつが神と呼ぶ名の分かれであり、因子であり粒子です。

何ひとつ、無駄のない造りから成り立っています。


お隣りさんは、アリさんだから、触覚もありました。
アリさんらしい人間として、星を大切にしていました。

私達は猿です。
猿らしくも、人間として、この星を大切にしなくてはいけません。