未知 NaKi 道【奏白】SOUHAKU

生命がある意味を筆者なりに書き残します。私は見えない世を心に映し見える世をしっかりと眺めています。苦しみの無い世へと。

人類の脱皮、新しい世界はすぐ近くかな。

筆者は、若い頃からメモ用紙を常に持ち歩いています。

38歳頃までメモしていたことは、ほとんどが目には見えないことについてです。

近頃は、正反対に目に見えること(買う必要のある物・今日中、近い内に終わらせて置く事)をひたすらにメモをしています。

最近、一日中手に取る用事に集中をしています。

時には音が出ている事にも気付かないほどの集中力です。

余りに集中し過ぎる為に、次にするべき事を明確にする為のメモ取り自身の誘導を明確に仕上げています。

メモ帳は、筆者の片側の脳みそのようだな、と感じるこの頃です。



この変化に気付き感じる事は、固い殻から本当の自分が弾け出したんだな。と、言うこと。




人は、アク抜きの為に誕生し、アクが抜ければ新たな私(神様に程近い形状)を生かすことの出来る分霊であるとを感じています。


人類は神秘に満ちています。


全人類が脱皮をする日はそう遠くないことと思い楽しみにしています。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

事故が多くならないようにと思います。

集中したいからという、中途爆発に注意します。

自分自身を安心させる為に、常にメモが取れると良いですよ。