未知 NaKi 道【意清美】IKIYOBI.

どのように生きれば天は拓きますか。私は生きながら天国をみています。文章に出て来ます「私(わたくし)」を『ご自身』と置き換えていただくことにより真の幸いと成ります。

再度追記しております。記事の内容の誤解と訂正追記と回答。

■下記の記事につき、購読された方の中に、内容の勘違いが発生しておりますので、再度お伝えをします■
■黒の四角で挟んだ文面が補足となります■



貴方は、今、本当は誰と共に歩んでいますか。

と、いうことに。

忙しい生活の中、仕事・家事・子育て・守に明け暮れながら。
身体は、そのような対応に追われながら。

心はどのような存在と共に歩んでいるのでしょうか。

その時間・時の流れをどのように送っていますか。

◇共感して下さる方にクリックをお願いします。◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

目の前に起こっていることは、気付くためです。

それを、本当に繋がる存在に伝えるために私達は経験をしています。

『心で生きる』これは
私達の重要な任務です。


本当は、私は誰と共に時を過ごしているのでしょうか。

それは、私以外に誰も知りません。

時という空間は、私しか知らないのです。


1日を終える時、今日の出来事を思い返して見ることも大切です。

これは親なる友への報告の作業です。

精一杯努力をして得た気付きを友に伝えることにより、未来を築きます。




■心の中に存在する繋がりとは、現在共に歩む人も当然ながらおります。インターネットを通じて身は知らずとも繋がる方かもしれません。亡くなった方かもしれません。大自然の一部や森林かもしれません。宇宙の知らぬ存在かもしれません。
現実逃避をしても良い訳ではありません。
※現実に、このような経験をして、このような事に気付いたよ。ここが反省点だった。などと振り返ることにより、その行為は大切な存在へ伝達する行為となり、事前に難を避ける作用をしますよ。

このような仕組みをお知らせしたく、投稿した記事でありました。■

追記
■どんな苦難も大切な存在を支える為に起こっています。苦難から学べる気付きを得ることにより、多くの大切な存在を助けることが出来ます。苦難とは誠な幸であります。
苦を、幸せとして受け止めることは誰でも出来ます。■